こんな人は顔の小じわが増える。予防と対策をして若々しくなろう

小じわってなんでできるの

そもそも小じわって何でできるの。歳だから仕方がないことなの。いいえ。若くても、こんな人は小じわになりやすいんですよ。顔が乾燥している、クレンジングでゴシゴシこする、目の下のアイシャドウを擦り落とす、長時間スマートフォンを見ている。こんな方はいませんか。放っておくと、近い将来目の回りや口元などにちりめん小じわや深いしわが出来てしまいます。では一体どんなケアをすればいいのか。高い美容整形をしなくても、ホームケアで簡単綺麗になりましょう。

今日から始められるお手入れ

ちょっとした事から、小じわは簡単にケアをできます。まずは、クレンジングはゴシゴシしないこと。擦ることで肌に負担がかかってしまいます。洗うときは優しく洗い落とすことです。アイメイクは専用のリムーバーで落としましょう。次はしっかり保湿をすることです。乾燥が最も小じわを加速させてしまいます。目元や口元のしわが気になるときは、専用のクリームで優しくマッサージをしましょう。また、血行不良になると、肌に栄養が行かずにしわが加速します。季節を問わず、冷えの対策をしましょう。

顔の筋肉を鍛えましょう

最近あなたは思いきり笑っていますか。顔の筋肉が衰えることで、顔の皮膚がたるみ、しわになります。そんな顔の表情筋を鍛える方法があります。なんと割り箸一本あればすぐ始められます。まずは、割り箸を横にして口に加えましょう。次に口角をあげて、5秒耐えます。ゆっくりもとに戻します。口角が割り箸より1センチ上になるようにしましょう。少しきついのですが、顔の筋肉が鍛えられるので、しわの予防になります。毎日続けて、10年後も若々しいお肌になりましょう。

目尻のしわができると実年齢よりも老けて見える他、不健康な印象を与えてしまいます。日頃からスキンケアを施して良好な状態を保つことが肌の劣化を防ぐための心得です。