憧れの小顔になれる!ボトックス注射の小顔効果

ボトックス注射って何?

美容外科では色々なプチ整形が行われていますよね。その中の1つに挙げられるのが「ボトックス注射」です。ボトックス注射は表情ジワの改善といった、アンチエイジング効果にばかが注目されていますが、実は小顔の施術にも用いられているんですよ。ボトックス注射で使用する薬剤は筋肉の動きを弱める働きがあるんです。この働きによって筋肉を小さくして小顔の効果を発揮します。メスを一切使わず小顔になれるとして、人気のプチ整形なんですよ。

どんなタイプに対応してる?

ボトックス注射で小顔にするという場合、エラ部分の筋肉が発達している方に向いています。エラ部分には「咬筋」という筋肉があるんですが、この筋肉が大きくなると顔自体が大きく見えるんです。ボトックス注射は筋肉の動きを抑制する作用があるので、この咬筋部分に薬剤を注入して、筋肉の動きを弱める事でエラ張りを解消し、顔自体も小さく見せるんです。何回かボトックス注射を受ける事で、徐々に筋肉自体が小さくなって、施術を受けなくても小顔をキープできるようになりますよ。

ボトックス注射の気になるポイント

メスを使わないプチ整形といっても、やっぱり痛みは気になりますよね。ボトックス注射を行う時には、事前に麻酔をするので注入時には痛みを感じるという事はありません。施術後もほとんど痛みや腫れも無いんですよ。ただ、ケースによっては内出血を起こす事もあるようです。腕に注射をしたら内出血しますよね?あれと同じ現象が起こるんです。ただ、内出血といってもメイクでカバーできるくらいですし、1週間もすれば自然に治るので安心してくださいね。

ボトックスの施術は、肌荒れなどの悩みを抱えている女性に有効であり、副作用が少ないことも人気の理由といえます。